多治見勤労者山岳会」はこんな会です
通称「多治見ろうざん」といいます
                                            2021年(令和3年)度版

 今年度より、会が団体基金(遭難保険)に入りました。
 入会された時から、万が一の遭難事故、救助が必要な事故
 で最大300万円まで補償されます。



会の基本方針

自然を愛し山を愛する仲間で構成する。
登山未経験者、熟練者も、チームワークを守って楽しく、安全に活動する。


1、会のあらまし


●会創立 1966年

日本勤労者山岳連盟(JWAF) 全国連盟に所属

  岐阜県勤労者山岳連盟に所属

●総会 年1回 (3月)

●例会 毎月第2水曜日、 19:30〜21:00
  多治見学習館
  まなびパーク5階・会議室にて
 
 《 内容 》
  @山行報告 (山の情報を紹介してます。)
  A山行計画(会山行や個人山行の紹介参加申込をしてます。)
  B会山行のミーティング
  C運営委員会・JWAF、県連の報告
  D学習会=机上学習・・・例会後半の30分程で登山に必要な知識や技術を学習。
                  野外にて、応急処置方法、救助搬出訓練、その他会員
                  要望を聞いて学習会開催。


●会報 1)「道標」多治見ろうざんニュース 月 1回 (メール又は郵送します)
     2)全国連盟「ろうざんニュース」  年数回
     3)岐阜県連「ろうさん」 機関誌 年数回

2、主な山行
●会山行 月1回 日帰り  (会員が計画して山行を行います)
   一般参加が出来る、体験山行(5月、7月、10月、2月)が有ります。

●岐阜県連主催の山行及び学習会
   県連加盟団体との、山まつり。年1回
  岩登り講習会、雪山歩行技術講習会 年各1回
●講演会の開催


3、会費

入会金 500円 

会費 月600円(そのうち、連盟費・救助隊費250円を含む。また、夫婦会員は
  2人で1000円)  (総会時に納付、1年及び半年納付。)
              (途中入会は、入会月から納付)

労山基金制度(救助・捜索・死亡・障害・入院・通院などの保険)

  会が遭難・救助費用の保険制度に加入しています。
    遭難、救助に関わる費用最大300万円を補償します。
  個人労山基金 1口から10口加入出来ます。
  雪山の山行をする人は5口以上をお勧めします。
  有効期間 1年間
  ココヘリの入会金が免除されます。その他特典沢山あります。
遭難対策初動費 1000円(入会時のみ)
                
多治見ろうざんトップページ

お問い合わせはコチラ  qq3z6zzd@biscuit.ocn.ne.jp 西部 までお願いします。